プレスリリースと広告の違いは?

投稿日:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プレスリリースと広告の違いは?

①コストが全然安い

一番の違いは、かかるコストです。広告は出せば必ずお金がかかりますが、プレスリリースによる取材・掲載はお金がかからない場合がほとんどです。もちろん、プレスリリースを配信するのに最低限のお金はかかりますが、数万円程度なので広告を出す金額に比べると圧倒的に安いです。

ちなみに、プレスリリース配信サービスにはオプションで「広告換算値算出サービス」というものがあって、「掲載された記事を広告として出すといくらかかるのか」を出すことができます。これによって、そのプレスリリースの広告効果を数値で効果測定することができます。小さなネットニュースサイトとかでも掲載されれば数万円分の価値があるので、広告を出すよりも露出効果は全然高いです。

②広告よりも信用度が高い

そしてもう一点、プレスリリースの記事は広告と違って信用度が高いという点が大きな違いです。

人は広告は嫌いですが、記事やストーリーは大好きです。広告というのは売り込みなので、無意識のうちにシャットアウトされてしまいますが、小説やミュージカルなどはお金を払ってでも読んだり見たりしますよね。新聞などでも広告は避けて読みますが、気になる見出しがあればその記事を読みます。

それと同じで、あなたが発信したい情報を「有益な記事」として発信することができるので、広告よりも圧倒的に信頼度の高い露出の仕方ができるわけです。その結果、あなたの会社・サービス・商品の信用度も上がるということになります。

③リーチ出来る人数が桁違いに多い

テレビの場合、視聴率1%で何人の人が見ているか知っていますか?答えは、約120万人です。

夕方のニュースやゴールデンタイムの番組なら10%前後の視聴率があったりするので、そこで特集でもされれば一度に約1200万人に見てもらえることになります。これと同じくらいのリーチを出せる広告は絶対にありませんし、あったとしても数千万円、数億円の広告費がかかります。それに見合った成果は回収できるでしょうか?難しいですよね。

でも、プレスリリースからの情報発信の場合は、これだけの人数に知ってもらえるのに無料です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です