プレスリリース初心者はまずは代行してもらうべき

 

 

「今よりも、もっと楽に集客したい。でも、お金もなるべくかけたくない」

 

そんなこと思ったことはありませんか?ビジネスをしていれば、誰でも心の底から欲しい状況ですよね。普通、集客をするにはどんなビジネスであっても、広告を出さなければいけません。

 

・ネット広告

・SNS広告

・チラシ

・DM

・雑誌広告

・新聞広告

・テレビCM、、、

 

挙げればキリがありません。しかも、しっかり成果を出そうとすると、どれもそれなりにお金がかかります。無料の広告媒体などの効果はご存知の通り、たかが知れています。

 

その毎月の広告費を捻出できずに、経費を削減ということで広告費を削る。広告費を削ると、集客ができなくなって売上が下がる。売上が下がるから、もっと広告費を削る、、、という悪循環が起きて、廃業。という流れは珍しくありません。

 

広告費を使って、新規集客の手を止めないというのは、どんなビジネスにおいても大鉄則です。

 

とはいえ、売上が落ちてるのに、広告費を以前のように維持するのは現実的に難しいです。

マーケティングやセールスにおいて、基本的には一発逆転はありません。

 

でも、たった1つだけ一発逆転を狙える方法があります。

 

 

それが、『メディア露出』です。

 

 

メディア露出は誰もが挑戦するべき

 

もし今、あなたのビジネスで

 

・もっとブランド力を上げたい、、、

・会社や商品の認知度をライバルよりももっと上げたい、、、

・営業効率を上げて、新規集客を楽にしたい、、、

・スタッフのモチベーションがなんか低い、、、

・求人の応募を増やしたい、、、

・ホームページのSEOをお金をかけずに上げたい、、、

 

 

こんな悩みを抱えているなら、今からご紹介する方法でメディア露出することで「全て」解決できます。

 

少し想像してみてください、あなたの会社、あなた自身が『ヒルナンデス』『王様のブランチ』『ガイアの夜明け』などの全国放送のテレビや『読売新聞』『朝日新聞』のような全国紙に出たとしたら、今の状況と比べてどう変わりそうですか?

 

おそらく、180度変わるはずです。仮に廃業寸前だったとしても一気に逆転できますし、好調だったビジネスは何倍にも加速します。

 

テレビの視聴率は1%で約120万人もの人が見ているということです。120万人にリーチ出来る広告なんて、他にこの世に存在しません。facebookやtwitter、Instagramでコツコツ地道にフォロワーを増やしながら認知度を上げていくには非常に時間がかかります。であれば、それもやりつつ、メディア露出もチャレンジしてみる価値はあるはずです。得たい結果は同じで、やり方が違うだけだからです。

 

 

「いやいや、そんな全国のメディアに出るなんて大企業しか無理だし、めっちゃお金かかるんでしょ」

 

 

そう思われるかもしれませんが、その思い込みこそが落とし穴なんです。

メディア露出は決して大企業だけのものではありません。むしろ、中小企業、個人の方がどんどんやるべき戦略です。それに、想像しているような莫大な資金は必要ありません。

 

 

メディア露出を狙う上で、よくある5つの勘違い

勘違い①取材は向こうから勝手にくると思っている

これは非常に多い勘違いなのですが、よっぽどのことがない限り、メディア側から取材依頼が来ることはほとんどありません。サービスや商品がとても人気で、SNSなどで勝手に広まっているなどのことがない限りは、こちら側からアプローチしないとあなたのサービスや商品をメディアに見つけてもらうことすらできません。ネタを常に探しているとはいえ、今の世の中は情報が溢れかえっているので、まずは見つけてもらうということが大切です。

 

 

 

勘違い②中小企業や個人事業主は、テレビとかの大きいメディアには出れないと思っている

「メディア露出、メディア戦略は大企業のもの」というイメージが強いかもしれませんが、全くそんなことはありません。中小企業や個人事業主でも、適切なアプローチをすれば十分にチャンスはあります。むしろ規模の小さい会社の方が、他にはないエッジの効いた商品やサービスを持っている場合が多いので、メディアが食いつく可能性は高いです。

 

 

 

勘違い③メディア露出するには、ものすごくお金がかかると思っている

これも大企業に対するイメージからくるものだと思いますが、結論、全然お金はかかりません。

 

確かに、大企業の広報活動は広報部というチームを編成して平均で年間2,200万円もの予算で動いています。その中には、メディアキャラバン(テレビ局に直接プレスリリースを持って行って提案すること)、接待、芸能人を使ったイベント企画、記者会見、業界交流会での人脈作り、電話での提案、プレスリリース配信など、様々な方法でメディア露出を狙っています。

 

でも実は、これだけの予算を使ってもテレビに出られる確率は年に一回あるかないかです。

こう聞くと、「やっぱりお金かかるんじゃん」と思うかもしれませんが、経験上、実はプレスリリースの配信だけでテレビなどの大きいメディアに出ることは十分可能なんです。裏を返すと、大企業がやっている様々な取り組みは、もったいないことが多いということにもなります。なので、適切なプレスリリースの活用法をマスターすれば、大企業の場合はとてつもなくコスト削減できるとも言えます。

 

ちなみに、プレスリリースの配信は色々な業者がありますが、大体1回3万円〜5万円くらいが相場なので、たいしてお金はかかりません。一発で取材が来る場合もあるので、たった3万円でテレビに出れちゃったなんてこともよくあることです。

 

 

 

勘違い④テレビ局や記者にコネがないと、取材してもらえないと思っている

これも今までの部分で少し触れてきましたが、テレビマンや記者の人は常にネタを探しているので、会社の規模やコネなどは全く関係なく、良いネタには飛びついてきてくれます。先ほどの大企業がやっている広報活動でもご紹介したとおり、どの企業もプレスリリースの「届け方」に工夫をしたりお金をかけたりしているんですね。でも、メディア側の立場からすると、「どんな届け方をされても、内容が悪ければ取り上げれない」というのが本音です。

 

なので、内容が伴っていない企画(プレスリリース)をいくら高級な料亭で接待して売り込んでも、ダメなものはダメだということです。

 

プレスリリースはとにかく中身」が勝負です。確かにメディアキャラバンや接待、人脈ももちろんメディア露出の確率をあげる上では非常に効果的です。ですがそれは、中身があって初めて効果が出るものです。

 

 

 

勘違い⑤メディア露出のやり方がすごく難しいと思っている

これまでご紹介してきた「よくある勘違い」のまとめ的なものですが、要は、まずは良いプレスリリースを書いて、それを配信する。たったこれだけでメディア露出は可能だということです。会社の規模も多額の予算もコネも必要ありません。良いプレスリリースを書けるかどうかで全てが決まります。

 

 

しかも、「PR TIMES」や「@プレス」のような有名なプレスリリース配信サービスは提携しているメディアがあるので、配信すれば必ず記事が掲載されてメディア実績を作ることができるので、空振りすることは絶対にありません。小さい規模のビジネスほど、このメディア実績の力は利用するべきです。

 

 

 

 

 

どうでしょうか?もし1つでも当てはまっていたとしたら、すごくもったいないです。その思い込みによって、チャンスを逃してしまっているかもしれません。

 

 

 

 

そんなことより、さっきからちょいちょい出てくる『プレスリリース』ってなに?

 

プレスリリースとは、一言で言うと、メディアに送る企画書です。

「こんな新しいサービス始めました」

「こんな面白い人物がいます」

「この商品が今ブームになっています」

 

このような趣旨でメディアに企画書をメールやFAXで送って、あなたのビジネスやあなた自身のことを知ってもらって、取り上げてもらうということです。

 

なので、メディア露出するのに必要なことは、

 

ステップ1:プレスリリースの原稿を書く

ステップ2:出来上がったプレスリリースをメディアに送る

 

たったこの2ステップでメディア露出は可能です。全然難しい手順はありませんし、莫大な資金も必要ありません。やり方さえ知っていれば、誰でもできます。

 

 

 

 

なぜ、プレスリリースをやるべきなのか

大前提:メディアは常にネタを探している

プレスリリースとは、あなたの会社・店舗・サービス・商品・個人のウリを、テレビ局や雑誌社、ラジオや新聞社に知ってもらうための企画書だとご説明しました。そのプレスリリースを見た記者の人が「お、なんか面白そうだな、取材してみよう!」となれば、メディア露出につながっていきます。

 

 

そして、多くの人が知らない事実ですが、メディアの記者の人たちは、常に取材のネタを探しています。むしろ、毎日のネタ探しが一番大変な仕事だと言われているくらいです。なので、こちら側から良いネタを発信すれば、喜んで取材してもらえるわけです。

 

 

メディア記者のこのような裏側を知った今、プレスリリースの原稿を書いて送るだけで取材が獲得できるというのは納得できるかと思います。

 

 

しかし、実際のところメディア側には毎日数十通〜数百通のプレスリリースが送られてきて、その95%はその場でゴミ箱行きになってしまいます。なんの知識もなく、ただ闇雲にプレスリリースを配信しても、ほぼ間違いなく、あなたのプレスリリースも同じ結末になってしまいます。
毎日それだけ届くわけですから、記者の人も一枚一枚丁寧に全部読んだりは絶対にしません。タイトルだけバーっと読んで良さそうなやつだけ仕分けていきます。時間にして一枚5秒くらいで、しかも捨てる前提で見ています。

 

 

こう聞くと、かなりハードルが高そうに思えるかもしれませんが、そんなに難しいことではありません。では、必ず見てもらえる残りの5%に入るにはどうしたら良いのか、ご紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

メディアが絶対に取材しないプレスリリースとは

 

・企業の宣伝っぽいプレスリリース

・ニュース性がないプレスリリース

・専門用語が多くてよくわからないプレスリリース

 

この3つのプレスリリースは絶対に取材が来ません。にもかかわらず、ほとんどの企業のプレスリリースはこれらのうちのどれかに当てはまります。どれか1つでも当てはまると即アウトです。だから毎日大量に届くプレスリリースの95%は3秒でゴミ箱行きになってしまうんです。

 

 

ではどうすれば、プレスリリースから取材を獲得できるのか?

 

 

答えは1つです。

「中身をしっかり作る」

ということです。

 

 

 

プレスリリースは『中身』が全て

ものすごく当たり前のことですが、これがほとんどの人ができていません。

よく広報担当は、メディアキャラバン、交流会、接待、電話、メール、FAX、など「届け方」に工夫をこらして、取材してもらおうとしますが、それも中身が伴っていない限りは全て無駄に終わってしまいます。

 

メディア側からすると、「いくら高級料亭で接待をされても、ダメなものはダメ」ということです。

 

裏を返せば、中身がよければ、企業の規模や届け方に関係なく取り上げてもらえるということです。メディア側が欲しがっている原稿を書くことが全てです。

 

ネットで大企業のプレスリリースを調べて、それをマネして使ったり、

ネットでテンプレートをダウンロードして使ったり、

ゴリゴリのコピーライティングをしたり、

広告出身者が広告ノウハウを使って書いたり、

なんとなくこんな感じかな、と感覚で書いたり、

とにかく見てもらうために奇をてらったタイトルにしたり、

 

こんなことをしても絶対に取材は獲得できませんし、そもそも読んでもらうことすらできずに終わってしまいます。

 

取材獲得されやすい具体的な書き方、構成は「プレスリリースをやったことがある方へ」の中でお伝えしています。

 

 

 

プレスリリースは思ってる以上に奥が深い

独学でなんとなくやるのが一番危険!

プレスリリースの原稿の作成というのは、完全に専門テクニックです。非常に専門性が高いです。見よう見まねやテンプレートで成果を出せるものでは決してありません。

どれだけメディア側の視点になれるかが勝負です。その視点は、メディア出身者に教わる以外には手に入りません。

 

プレスリリース家さんでは、元テレビマンの内田琢磨氏の監修のもとクライアント様のプレスリリースの原稿を作成代行しています。

 

内田さんが過去に携わった番組の一部をご紹介すると、

【フジテレビ】

『めちゃ×2イケてるッ!』『SMAP×SMAP』

【TBS】

『サンデージャポン』『爆!爆!爆笑問題』『爆報!THE フライデー』『爆問パニックフェイス!』『爆問パワフルフェイス!』『ビビット』

【テレビ朝日】

『musicるTV』

 

などがあります。どれも業界では誰もが知っている超有名番組です。これだけの番組の制作に携わっていた、「メディアの内側の人の目線」で原稿を作成します。メディア側の人間がどういうネタを欲しがっているのか最初からわかっているので、いわば後出しジャンケンができるようなものです。

 

 

 

プレスリリースが有効な業種は?

ここまでくると、恐らく、

 

「自分の業種でもできるのかな?」

「自分の商品、サービスでもできるのかな?」

「商品じゃなくて個人でもいいのかな?」

 

そんな疑問が出てくるんじゃないでしょうか?

心配ありません。プレスリリースによるメディア露出は、どんな業種でも可能です。

 

メーカー企業、飲食店、エステサロン、美容室、農家、コンサルタント、治療院、士業、システム会社、IT企業、町の商店街、ものづくり企業、地方企業、アパレル、不動産、広告代理店、歯医者、旅行代理店、ホテル、ブライダルetc

 

規模も関係ありません。誰もが知っているような大手企業から個人事業主まで大丈夫です。

 

 

しかも、メディア露出の面白いところは、一度大きいメディアに出ると「次々と連鎖が起きる」ということです。

 

今までメディアなんて一度も出たことなかった地方のものづくりの企業がプレスリリースによってテレビに出演して、それがきっかけで次々にテレビや新聞の取材が来て、わずか半年の間に10回以上も大きいメディアに出たなんてことも珍しくありません。この場合も、出したプレスリリースはたったの1回だけです。

 

『プレスリリースを書いて、送る』

 

たったこれだけのことで、誰にでもメディア出演のチャンスはあります。

 

 

プレスリリースで成功する人はこんな人

・一回で成功を求めず、コツコツとテスト改善を繰り返す人

→メディア露出も1回でテレビなどの大きなメディアに出られるとは限りません。最初はwebニュースや地方紙など少し小さめの出やすいメディアから徐々にステップアップしていくことが多いです。1回やってダメだったからもうやらない、ではなくて改善をしながら何度も繰り返しチャレンジすることで大きいメディアを手繰り寄せることができます。

 

 

・メディア露出した後のことをしっかり考えている人

→テレビや新聞に出ることがビジネスのゴールでしょうか?もちろん違いますよね。メディアに出るというのは、1つの通過点、武器に過ぎません。メディアに出ることを想定して、それをどう自分のビジネスに使っていくのかを考えておく必要があります。でないと、せっかく出たのにポンとその時だけ話題になっておしまいです。

 

 

・投資マインドがある人

→ここでいう投資は、時間とお金に対してです。何事も自分でやろうとするには限界があります。特に専門性の高い分野に関しては、習得しようとすると何年もかかってしまうことも多いです。でもそれは、あなたの本業ではないはずです。であれば、すでにそのスキルを持っている人に任せて、あなたが本業に専念でいる環境を手に入れた方が時間の浪費をなくせます。

 

「とりあえず自分でやってみます」と言って、実際に行動する人はわずかですし、その中でしっかり成果を出せる人はほとんどいません。

 

メディア露出はまさに、最短で最大効果を買うという投資マインドが必要な分野です。本当に分かりやすく言うと、野球経験0でずっと毎日毎日練習して何年後かにバッターボックスに立つのと、今すぐイチローに代打をお願いするのだと、どちらが短い時間で最高の結果を得られそうか、ということです。

 

 

そして、この考え方をしっかり持った上でメディア露出が成功すると、こんな未来が待っています。

 

 

プレスリリースで得られる未来

◇ブランド力UP!!

→競合と比較されたときに、圧倒的に優位に立てるようになりますし、相見積もりもなくなります

 

 

◇会社・サービス・商品の認知度が上がる!!大ヒットの可能性!!

→翌日からお店に行列ができたり、アクセスが来すぎて会社のサーバーがダウンしたり、品切れで生産が追いつかなくなったりします

 

 

◇新規の顧客獲得がしやすくなる!!=営業効率が上がる!!

→「◯◯に出てた会社(お店)」という看板が手に入って、見込み客の信用度が段違いに高くなります

→つまり成約率が上がって、営業コストが下がります

 

 

◇社員のモチべーションが上がる!!

→「大きいメディアに取り上げられるような会社で働けている」という誇らしい気持ちが社員のモチベーションを大きく上げてくれます

 

 

◇他のメディアからも連鎖的に取材がくる!!

→たった1回のきっかけで何度も何度もメディアに出ることができて、桁違いの広告効果を得ることができます

 

 

 

◇求人の応募が増える!!

→メディア露出によって有名になれば、就職希望者に対しても信用度が高まって、応募が増えます

 

 

◇ホームページのSEOが上がる!!

→webニュースなどに取り上げられると、自社のURLのリンクが貼られるので、一気にSEOが上がります(特に立ち上げたばかりのホームページはオススメです)

 

 

 

どうでしょうか?

メディア露出すれば、こんなにもたくさんのメリットを手に入れることができます。

しかもどれか1つじゃありません。これら全部手に入ります。

想像してみてください。少なからず、今の状況よりはビジネスが好転しそうじゃないですか?

 

 

テレビに出れば、3千万円〜4千万円くらい、全国紙やヤフーニュースで1千万円くらい、webニュースでも数百万円の広告価値があります。もちろん、広告として出した場合の金額なので、プレスリリースの場合はそんな莫大な費用は一切いりません。取材がきたら、基本的には無料で載る(出る)ことができます。

 

 

ただし、もちろん100%ではありません。

しっかりとした中身のプレスリリースを送ったとしても、他のプレスリリースに紛れてしまったり、担当者がものすごく忙しくて見てもらえなかったり、他に大きなニュースが入ってしまったり、タイミングや運もあります。こればっかりはコントロールできないものなので仕方ありません。

 

ですが、webニュースなどには確実に露出させられるので、「全く何にも出なかった」という空振りは絶対にありません。実践したからには、何かしらの成果を得ることができます。

 

 

 

プレスリリース家さんでできること

プレスリリース家さんでは、あなたのパートナーとなってメディア露出をサポートしています。

 

・プレスリリースの原稿の作成

・プレスリリースの配信

・掲載されたメディアのレポート

・広告換算値レポート

 

 

 

この4つの内容をパッケージにしてご提供しています。全て専属のスタッフがついて、原稿の作成からレポート報告まで同じ1人のスタッフがサポートいたしますので、密なやりとりをしながら、あなたのメディア露出のお手伝いをいたします。最初のヒアリング以外が終われば、全ての行程を代行しますので、あとは待っているだけで大丈夫です。空いた時間をビジネスに有効活用していただけます。

 

まずはお試し!

-グリーンプラン-

回券 

200,000(税別)

みっちりやりたい!!

-オレンジプラン-

回券

 400,000(税別)

断然お得!1回分無料!

とことんやりたい!!!

-月額やり放題プラン-

何回でも 

月額300,000(税別)

※最低6ヶ月〜

※月内2回目以降の配信は、都度配信料が発生します(税別3万円)

 

 

やる内容は全プラン同じ!

◯2種類のプレスリリースの原稿作成◯

あなたの今のビジネスやプレスリリースで打ち出したいネタをヒアリングさせて頂きます。

もしこの時点でネタがなくても大丈夫です。ヒアリングしながら、一緒に考えていきましょう!

そのヒアリングの内容をもとに、メディア記者の目に止まるプレスリリースの原稿をヒアリング後1週間以内に作成致します。 

※手書きとネット配信用の2種類のプレスリリースを作成致します。

◯プレスリリースの配信(手書き)◯

手書きのプレスリリースを狙いたいメディア(テレビ、新聞、ラジオ、雑誌、専門誌など)に

郵送または直接お届けして記者に提案します。

※ご利用のプランによって手書きのプレスリリースの枚数、弊社リストの利用可能数は異なります。

◯プレスリリースの配信(ネット配信)◯

ネット配信用のプレスリリースの原稿を、配信サービスを使って各メディアに配信します。

どんなメディアを配信先に選べば良いのかというのも結果を出す上で非常に大事な部分なので、

プレスリリースの原稿に合わせて最適な配信サービスと配信先を選定します。

◯掲載レポート◯

配信サービスを利用すると、まずwebニュースなどに一気に拡散されます。

有名な媒体だと掲載された記事がネット検索にすぐに引っかかるので確認できるのですが、

中にはネット検索でなかなか見つからない場合もあります。

確実に成果を見える形で残すために、どのメディアに載ったのかをレポートで報告いたします。

◯広告換算値算出◯

広告換算値というのは、「掲載された記事を広告として出した場合、いくら費用がかかるのか」

を表したものです。 掲載された媒体のアクセス数や発行部数によって数値は変わりますが、これは広告業界の内部の人しか知らない特別な計算式を使っているので、なかなか一般の方が算出することは難しいです。

上記の「掲載レポート」と一緒に、それぞれいくら分の効果があったのかを数字で知ることができるので、

なんとなくやって終わりではなく、しっかりと効果測定まですることができます。

 

 

 

◎最後に◎

プレスリリースの原稿の書き方、送り方を教えてくれるサービス

プレスリリースの原稿作成の代行サービス

プレスリリースの配信の代行サービス

掲載結果を調べてくれるサービス

 

どれも単体で検索するとたくさん出てきます。ですが、1人の担当者がマンツーマンで最初から最後までやりきってくれるサービスはほとんどありません。あったとしても、プレスリリース以外にも複雑なオプションがあって何を選んで良いのかわからなかったり、費用がもっと高かったり、最初チャレンジするにはハードルが高いです。

 

プレスリリース家さんでは、やることをシンプルにプレスリリースだけに絞っています。メディア露出を狙う上で必要なことだけを行うので、その分費用も下げられます。本気でメディア露出を狙いたいという方を最初から最後まで全力でサポートいたします。

 

 

プレスリリース家さんは少人数のチームなので、一度に受けられる案件に限りがあります。少しでも気になった場合は、まずは、お問い合わせください。「うちの業種でも大丈夫ですか?」など、どんな些細なご質問でも遠慮なく聞いてください。

 





 

お問い合わせ
contact

 

サービスに関するご質問やお問い合わせ、プレスリリースの添削依頼、業務提携等のご依頼などはこちらからお気軽にお問い合わせください!

以下の項目へご入力いただき、入力内容の確認を行ってください。

 

御社名
必須
ご担当者
必須
ご連絡先 e-mail
必須
 
確認 e-mail
必須
電話番号
必須
お問い合わせ内容
必須
     
 

 

 

 

プレスリリース家さん代表 松浦温生(まつうら あつき)
1986年大阪府生まれ/明治大学商学部卒

プレスリリースによるPRというのは、本当にワクワクする施策です。もしかしたら、この1枚のプレスリリースがきっかけでテレビに出れるかもしれない、新聞に出れるかもしれない。全ての案件のプレスリリースの原稿を私が作成していますが、毎回自分のことのようにワクワクしています。それくらい夢のある取り組みだと思っています。

以前、私自身もメディアに出演してから、ビジネスが一気に好転した経験があります。私は今までマーケティングコンサルタントとして、治療院、美容室、エステサロン、一般企業の集客をお手伝いしてきて、数々の実績を作ってきました。そんな中、うまくPRをすればその成果を何倍にも加速させられることに気がつきました。そのメディア露出の力をより多くの方に知って頂きたくてこのサービスを立ち上げました。

 

 

プレスリリース家さん特別監修 内田琢磨(うちだたくま)

元テレビマンとして、数々の有名番組に携わっていた経験を活かし、現在はフリーのメディアコンサルタントとして活躍中。

《テレビ制作実績》
【フジテレビ】
『めちゃ×2イケてるッ!』
『SMAP×SMAP』
【TBS】
『サンデージャポン』
『爆!爆!爆笑問題』
『爆報!THE フライデー』
『爆問パニックフェイス!』
『爆問パワフルフェイス!』
『ビビット』
【テレビ朝日】
『musicるTV』